index ブラジルを知る会は、「自分の暮らすこの国=ブラジルをもっと知りたい」というきっかけで生まれた女性グループです。

「ブラジルを知る会」は自分の暮らす国・ブラジルをもっと知りたい、という好奇心旺盛な女性が集まり、1997年にサンパウロで生まれました。
以来10年間、自主的にブラジルの歴史や文化を勉強する会として活動を続けています。
「ブラジルについて知り、理解を深めること」「ブラジル社会と関わりながら、ブラジルでの生活をより豊かなものにすること」をモットーとしています。
メンバーはどんな方たちですか?
メンバーの条件は 
@女性であること A日本語の読み書きに支障のないこと B今後のブラジル滞在予定が1年以上あること、の3つです。
     
現在の会員数は約40名。年齢は20代から70代までと幅広く、年代の離れた会員同士の交流が自然に行なわれています。
また、メンバーの職業や在伯期間も様々です。駐在員の家族として住んでいる方、ブラジルに移民として来た方、国際結婚して住んでいる方、などいろいろな会員がわきあいあいと活動しています。
どんな活動をするのですか?
勉強会、見学会、講演会という活動の3本柱の他に、ボランティア活動も行なっています。
古本市(ブックフェアー)の開催、移民史料館でのボランティアガイドなどは、広く日系社会に認知されています。詳しい活動内容は、「活動内容」の欄をご覧ください。
どこで活動しているのですか?
サンパウロを中心に活動しています。
サンパウロ市内もしくは近郊在住の会員がほとんどで、勉強会や講演会などはAv.パウリスタ近辺で行なわれることが多くなっています。
ブラジルを知る会の魅力はなんですか?
新しい出来事に触れて新しい自分を発見できることです。また、多くの会員の皆さんが、世代を超えた人とのつながりがもてたことに喜びを感じています。また、異動や帰国したあとも、ブラジルを知る会で育んだ友情が続いているという嬉しいお便りをいただいています。


copyright(C) 2007 ASSOCIA
ÇÃO JAPONESA DE ESTUDOS SOBRE O BRASIL all rights reserved